PRO.

株式会社ピー・アール・オー

インタビュー

INTERVIEW

ピー・アール・オーを
支えてきた「技術」と「人」を
これからも追求したい

大高潤

JUN OTAKA

代表取締役

横浜で育ち、新卒でNTTに入社。仕事でコンピューターに関わったことを契機にIT業界に転職。複数の会社設立に携わったのち、1990年にピー・アール・オーを設立。「あったらいいなを実現する」をスローガンに、常に新しい技術を用いたサービスを提供し続けている。

INTERVIEW

時代が求める技術を提供できたのは社員のおかげ

「あったらいいなを実現する」「会社の財産は人材である」−–設立以来、私が大切にしているモットーです。CAD関連サービスから始まったピー・アール・オーも、現在ではWebサイト構築、スマートデバイス向けアプリ、ブロックチェーン関連事業といった幅広い実績に加え、海外での事業展開も行っています。

常に新しい技術が生まれるIT業界において、ピー・アール・オーが成長し続けることができたのは、時代が求めるサービスを提供してきたのはもちろん、技術と向上心を持った社員がいてくれたからだと、改めて感じています。

人が長く働いてくれる会社にするため、対話を怠らない

社会の需要に応じて、新しい技術を用いたサービスを提供することで、ピー・アール・オーは価値を生み出し続けてきました。その技術力を支えるのは、昔から変わらず「人」なので、社員を大事にする会社でありたいと思っています。

ピー・アール・オーは長く勤める人が多く、社員の中には新卒第1期のメンバーもいます。社員がこれから進む道を理解し、納得してからキャリアを積んでもらえるよう、対話を行なっているのが離職率の低さに繋がっているのだと感じていますね。部下に率先して教えて、困っている人には声をかけるという文化が根付いています。

長く続く会社として、「良い人」とともに成長していきたい

長くビジネスを続けるには、会社・お客様・社員の全員が得をする必要があると考えています。そのために大切なのは「自分だけではなく、周囲のことも考えて行動できるか」です。社員として共に成長してくれる方として、そういう「良い人」に来ていただきたいと思っています。
仕事の進め方は自分で試行錯誤してもらうことを推奨しているので、ピー・アール・オーには個性を持った社員がたくさんいます。やりたいことがある人には、まずチャレンジしてもらう文化です。経験問わず、やる気とチャレンジ精神を持った方と働くことを楽しみにしています。